iMessage

iMessageは、iPhone・iPad・MacなどAppleのデバイスで使えるメッセージアプリです。
iMessageでは、Apple IDに登録された電話番号やメールアドレスに紐づけられたアカウントにメッセージやスタンプを送ったり、写真やほかのアプリを使った位置情報などの情報やファイル、またゲームもできます。多機能ですが、利用可能なデバイスでは、無料で使うことができます。
特にiPhoneでは「メッセージ」アプリで通常のSMSと同列に並べて使うことができるので、気軽にiPhoneに詳しくない使い始めたばかりの方でも使えるでしょう。

SMSとの違いは、送れる情報と文字数制限があげられます。iMessageでは上で触れた通り文字だけでなく様々な情報を送ることができるほか、文字を送る場合にもSMSと異なり文字数制限がないため、SMSのように字数が足りないために複数のメッセージに分けることなく、一つのメッセージで送ることができます。

iPhoneアプリの「メッセージ」では、一つの画面にSMSとiMessageが同列に表示されますが、簡単に見分けることができます。アプリ上では相手を選んでスレッド画面を開いた際、SMSは緑のメッセージ、iMessageは青のメッセージとして表示されます。
iMessageが利用可能かどうかは、相手先電話番号やメールアドレスの情報がAppleのサーバーに照会されて判定されるため、最初はSMSしか利用できなかったものの途中からiMessageが利用可能になったり、逆に最初はiMessageで送られてきたにも関わらず、SMSしか利用できなくなることもあります。こんな時は少し時間をおいてから再度試してみましょう。利用可能になることがあります。

国内では「LINE」などのほかのメッセンジャーサービスが大きなシェアを占めていることもあり注目されることはあまりありませんでしたが、ここ数年はゲーム機能やスタンプなどの新機能が追加されたことによって、より利便性が高まっています。

関連記事

  1. 通信規制

  2. 留守番電話

  3. IP-VPN

  4. スクランブル通信

  5. 転送方法

  6. BASIC認証の概要

>