IP-VPN

IP-VPNはIPネットワーク上に張られたVPNです。IPネットワークとは独自の閉鎖されたネットワークのことで、インターネットを構成するネットワークのことではありません。
これに対し、インターネットVPNという技術もあり、こちらはインターネット上に張られたVPNのことです。
企業等では基幹業務の円滑な推進のためにインターネットを使った最新技術の投入及び利用は他社へ追い付き追い越すためには必須事項です。このため、企業のトップは常に世界中の動向にアンテナを張って新技術が出てきた時には真っ先に組み込む必要があります。

インターネットVPNもこういった流れで導入されてきていることでしょう。今では企業内で行っている業務各種をほとんど自宅にいてもこなすことができます。これは、自宅のパソコンやタブレットから企業側が設定して公開したVPNサーバーへインターネットVPNで接続できるからです。この接続により、自宅にいながら、あたかも会社内にいるかのように社内IPアドレスや各種設定が受けられ、アクセスが可能になります。
インターネット黎明期には電子メールで自宅と会社とのコミュニケーションができるだけで凄いと思ったものですが、それはとうの昔の話で今はよりリアルです。
IP-VPNは閉鎖されたネットワークなので、企業の支店間のLANを繋ぐために使われたり、銀行業務のような重大な案件を取り扱う場合に使用するネットワークとして利用されたりしています。データセンタやクラウド事業者のような巨大ネットワークも、この機構を使って大事な区間の接続のセキュリティを保持しています。

このようにIP-VPNは企業の離れた地点のネットワークを統合する高品質なVPNとしての地位を確立していて、これからも大ネットワーク時代を支えて行くことでしょう。また、進化が続いているデータセンタやクラウド事業者の巨大ネットワークも牽引して行くことは間違いないです。

関連記事

  1. 転送方法

  2. 4G

  3. 固定IPアドレス

  4. ADSL

  5. Bluetooth

  6. レンタル

>