APN

APNとは「Access Point Name」の略称であり、スマートフォンやタブレット端末などでモバイルデータ通信を行うための接続先情報のことを言います。
大手携帯キャリアと契約してモバイル端末を利用する場合は、最初から接続先情報が設定されているケースが多いため、ほとんどのケースでSIMカードを挿し込んで電源を入れるだけですぐに利用できます。
しかし、大手携帯キャリアの端末を流用したり、自分でSIMフリー端末を調達して格安SIMで利用する場合にはAPN設定がされていないケースが多いので、利用者が自分自身で接続先情報の設定(APN設定)を行う必要があるのです。

近年では格安SIMが爆発的な普及をしたこととSIMフリースマートフォンの流通量が増えたことで、私たちはより自由に通信事業者や端末を選んでスマートフォンが利用できるようになりました。SIMフリー端末に格安SIMを挿して利用する場合、店頭窓口でスタッフに補助してもらって初期設定を済ませれば特に問題ないのですが、ネットで契約した場合などには基本的に利用者が自分自身で初期セットアップを行う必要があります。初期セットアップといっても特別に難しいことをする必要はないのですが、唯一最も難しい作業と考えられるのがAPNの設定です。

大抵の場合、MVNOは自社のホームページや契約書類の冊子などでAPN設定の方法を詳しく解説しているので、案内に従って情報を入力することで初期セットアップは難なく完了します。
アンドロイド端末の場合は利用者が自分の手で端末に情報を打ち込む必要があるのですが、iOS端末を利用している場合にはAPN設定をする必要がなく、MVNOが自社サイトで配布している構成プロファイルをダウンロードし、端末にインストールするだけで初期セットアップは完了します。

iPhoneやiPad、アンドロイド端末よりも、より手軽に格安SIMへの乗り換えができると言っても過言ではないのです。

関連記事

  1. 白ロム

  2. IMT-Advanced

  3. DSU

  4. AppleCare

  5. PBX

  6. 第二種電気通信事業者

>