iPhoneを探す

「iPhoneを探す」はiPhoneを万一紛失した際に他人が操作できない様にロックをかけたり、位置検索ができる機能です。この機能を使うにはあらかじめiPhoneに設定をしておくことが必要で、設定方法は「設定」の「iCloud」にある「iPhoneを探す」をオンにするだけです。
iCloudを初めて利用する場合はAppleIDでサインインしてiCloudの利用規約に同意してから使用します。紛失してしまったらインターネットに接続しているパソコンなどを使って、iCloudへアクセスしAppleIDでサインインします。

iPhoneを探すをクリックすると同じAppleIDでログインしている機器が地図上に表示され、このうち「i」と表示されているのがiPhoneですのでクリックするとiPhoneに対して行える3つのメニューが表示されます。サウンド再生は大きな音を鳴らすことが出来るもので近くにあるのに見当たらないときなどに使います。iPhoneの消去は遠隔操作でデータを消去できるものですが、逆にiPhoneを探す機能も使用できなくなりますのでこの手段はどうしても見つからない場合の最終手段となります。
紛失モードは見つけてくれた人にメッセージと連絡先を表示させるもので、このモードの設定は本体パスコードロック未設定の場合は設定をしてから、ロック画面に表示させる連絡先の電話番号とメッセージを入力します。無事にiPhoneが見つかり、直接本体のパスコードを入力することで紛失モードの解除が出来ますが、パソコンなどの他の機器からiCloudにサインイン、iPhoneを探すから紛失モード中デバイスの紛失モードを再度クリック、「停止」クリックでも解除できます。この場合は連絡先電話番号とメッセージ、位置履歴は削除させますが、ロックはかかったままになります。
日本では紛失物も手元に戻ってくることが多いですが、iPhoneを探す機能を設定しておくだけで確率も上がりますし、子供の身を守る一助となるでしょう。

関連記事

  1. BlackBerry

  2. WiMax

  3. googleアカウント

  4. 割込通話

  5. W-CDMA

  6. Android Pay

>