eSIM

私たちがスマートフォンやタブレット端末を利用して音声通話をしたりモバイルデータ通信を行うためには通信事業者と契約し、契約情報などが書き込まれたSIMカードを端末に差し込む必要があります。他社へ乗り換えをした場合や海外旅行へ出かけて現地でプリペイド式の格安SIM等を購入した場合などには端末のSIMカードを差し替えて利用するため多くの手間がかかるわけですが、これらの手間を省略できる新しいサービスとして近年高い注目を集めているのがeSIMと呼ばれるサービスです。

従来型のSIMカードは通信事業者のスタッフが手作業でSIMカード利用者の個人情報を書き込み、端末にSIMカードを差し込んで通信を行っていましたが、eSIMはあらかじめ端末にSIMカードが内蔵されており、遠隔操作で利用者の情報を書き換えて通信事業者と契約できるサービスとなっています。遠隔操作で通信事業者との契約手続きなどができるため、他社への乗り換えが容易に行えますし、海外旅行へ行った場合でもSIMカードを差し替える必要なく現地の通信事業者のプリペイドプランへの加入ができるメリットなどが考えられます。

eSIMは比較的新しいサービスなので世界的な認知度もあまり高くはないのですが、アップルがiPadにApple SIMを内蔵して販売を始めた際には大きな話題となりました。他にもeSIMに対応した端末やサービスなどはありますが、現状ではApple SIMとiPadが最も有名だと言っても過言ではないでしょう。

日本ではドコモがeSIMの取り扱いを始めたことが話題になりましたが、現状では対応する端末などは少ないですし、開発途上のサービスという印象は強く残っています。Apple SIMにしても現在はiPadのみ利用できるサービスでiPhoneでは利用できないため、iPhoneでの利用が可能となればよりサービスが拡大すると考えられます。

関連記事

  1. フィルタリング

  2. 地域IP網

  3. UIMカード

  4. VoLTE(Voice over LTE)

  5. マルチキャスト

  6. GPS

>