通信規制

情報化社会の現代において、通信環境というのはなくてはならないものだと言えます。しかし通信を使うためには、それだけの費用が必要です。いわゆる「パケット料金」というものですが、自分が払っている費用分をオーバーしてしまうと通信規制がかかるようになります。
例えば安定したネット環境が必要だということで、上り下りともに早いものを選んでいる人がいたとします。月々10GBと定められている中であれば、快適なネット環境を利用できます。しかし10GBをこえてしまうと、費用分からはみ出してしまうため、安定した供給が得られなくなります。これが通信規制です。突然ネットが重くなったと感じたり、残り容量が少ないというような通知が来た場合には、規制がかかると思っておいた方が良いでしょう。

個人であれば通信規制がかからないように注意しながら使っていくことができます。これが家族で容量を分けて使うシェアパックの場合だと、そのうちの1人が使いすぎることで、他の人があまり使っていなくても通信規制がかかってしまうということがあります。価格の面でシェアパックを選んでいるという人は、このようなことがないように注意が必要です。
通信規制は翌月になれば解除されるので、また快適なネット環境で通信ができます。

そのためいざ使いすぎたとしても翌月まで待てば回復するのですが、できるだけ規制になるほどの使用は避けた方が良いとされています。それは万が一災害に見舞われた際に、状況を調べることができなくなってしまうからです。地震が起きたり、台風の被害にあったりした場合、現状がどのようになっているのかを調べる人もいるでしょう。
しかしこの時アクセスが集中しやすい状態となるので、通信規制がかかっているネットにつなげるのさえ難しくなってしまいます。この情報を得られるかどうかが命を左右することもあるのです。だからこそきちんと使用できる容量を把握しておき、管理することが大切です。

関連記事

  1. 常時接続

  2. パケット通信料

  3. googleアカウント

  4. HTTPS

  5. WiMax

  6. AppleCare

>