5G

5Gとは第5世代移動通信システムのことで、docomoが2020年の実用開始を目指して規格化が現在進行している次世代無線通信システムのことです。
これまで用いられていた3Gや4Gは、主にスマートフォンやパソコンなどのモバイル端末向けの通信規格だったのに対して、5Gはモバイル端末のほか、家電や自動車などあらゆるものに向けた通信規格で、これから広く使われるようになるIoTに向けた通信規格ともいえます。

さまざまな企業が5Gの実現を目指していますが、docomoが5Gを実現するにあたって必要とする技術には、周波数の利用効率を改善するような無線技術や広範囲の周波数を有効に活用する技術、小出力でカバーできる範囲が狭い携帯電話基地局を効率的に運用する技術など3つを挙げています。

電波の波長が短く、遠くに飛びにくい高周波数帯は大容量化や高速化に必要な広い周波数帯域幅の確保には適していましたが、通信の安定性の確保が難しいことから移動通信には適さないと思われていました。そこでdocomoはこの高周波数帯を活用するために、従来の低周波数帯と組み合わせて用いるという方法を考え出しました。高周波数帯と低周波数帯を組み合わせることによって、高周波数帯が抱えていた通信の安定性の確保という課題をクリアし、高速通信を高効率で提供できるよう開発が進められています。

5Gの実用開始を目指している2020年は、2010年と比べると移動通信の通信要求量が1000倍以上にも増えると予想されており、この膨大な通信要求量に耐えられるような仕組みを作り上げていくこと重要です。低コストかつ省消費電力で2020年に想定される膨大な通信要求量に耐えられる大容量のネットワークシステムを実現するために、5Gは今なお研究や開発が進められています。
今後IoT化が急激に進むと予想されており、5Gの必要性はますます上がっていきます。2020年の実現に向けて各企業の動向に注目です。

関連記事

  1. VoIP

  2. 迷惑メール

  3. 電波料

  4. 干渉

  5. 周波数帯

  6. UHF

>