ビジー状態

ビジー状態とは、コンピューターや機器などが何らかの処理を行っていて、応答がない状態のことを言います。ビジー(busy)とは英単語で「忙しい」という意味です。「ビジー状態」は主にコンピューター用語として使われますが、「電話の話し中」と言う意味でも使われます。

たとえば、「システムがビジー状態です。」と画面に表示されたら、パソコンが大量の処理を行っていて、動作が遅くなっているということです。人間に例えると、忙しすぎて非常に焦っている状態になります。

ビジー状態の対処方法は、処理が完了するまで大人しく待つことです。この状態でアプリケーションソフトを起動するなど、他の操作を行ってしまうと、パソコンの処理がさらに遅くなり、最悪の場合フリーズしてしまう可能性もあります。

もしも長時間フリーズが続いて、再び動きそうにないようでしたら、パソコンを強制的に終了させるしかありません。この時、パソコンの電源コードを抜いたり、背面のスイッチをOFFにするのは大変危険で、故障してしまう危険性があります。どうしても強制終了を行う必要がある場合は、パソコンの電源ボタンを5秒ほど長押しして強制終了を行いましょう。これが最も安全な強制終了のやり方です。

もっと良いのは、ビジー状態を起こさないようにすることです。そのためには、裏で動作してる不要なアプリを停止させたり、メモリを増設するなどのアップグレードを行ったり、性能の良いパソコンに買い替えると良いでしょう。

関連記事

  1. 技適マーク

  2. SIMフリー

  3. プラチナバンド

  4. 電気通信事業法

  5. 周波数帯

  6. FCC

>