MNO

MNOとは、「Mobile Network Operator」の略称のことです。移動体通信事業者の子を指します。移動体通信業者とは、携帯電話やPHSなどの移動体通信器で使われている移動体回線網を自社で運用や設置をして、通信サービスを提供する事業者のことを指します。日本でMNOにあたるのは、docomoやソフトバンク、auなどです。
自社では回線網を持たずに、他社から借りて通信事業を展開している業者のことを「MVNO」と言います。また、MVNOは日本語で「仮想移動体通信事業」と呼びます。日本でMVNOにあたるのは、楽天モバイルやUQモバイルなどのことです。

別の言い方で言い換えますとMNOはキャリア、MVNOは格安SIMのことを表していることがわかります。月々の携帯代を安くするためにキャリアから格安SIMへ乗り換える方がいますが、格安SIMはなぜ安いのかがこのMVNOとMNOの違いを知ることで理解することが可能です。
では、格安SIMとキャリアケータイのどちらがいいのかを検討します。格安SIMの利点は料金が安いことと、契約の自動更新がないことなどが挙げられます。キャリアは通信速度が安定していることと、最新の端末を手に入れることができることなどが利点です。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらの利点を求めどちらのデメリットを許容できるかの問題となります。また、現在キャリアと契約をしている方でWifiルーターと携帯の料金を一緒に契約している方や、ご家族と一緒に割引プランに入っている方についてはなかなか変更することが困難であると言えます。キャリアや格安SIMのサイトには、料金シュミレーターなどが用意されていますので、見積もりを出して比較してみると自分にあったプランなどがわかると思います。ご興味のある方は試してみてください。

関連記事

  1. トーンダイヤル

  2. FMC

  3. MA局

  4. ひかり電話オフィスタイプについて

  5. トーン信号

  6. 電話加入権

>