電話加入権

電話加入権は、固定電話を設置する際に必要な権利のことで、旧日本電信電話公社時代から制度と義務付けられているものです。
現代では、インターネット回線を利用したひかり電話が非常に普及していますが、これ以前のアナログ電話の時代には専用の電話回線を交換局から自宅まで引き込まなければならず、この電話回線を引きこむ際に電話を使用するために必要なものとして一定の金額を支払い、これを購入しなければなりませんでした。現在でも固定電話をアナログ回線で引き込む場合には必要なものとなっています。

また電話加入権は、売却することができるため財産と取り扱われることも少なくありません。従来は複数の電話を敷設する場合に自ら電話加入権を購入すると非常に費用がかかる為、その電話を使用していない権利者から有償で借用し、利用することも多く行われていました。現在でも専用回線を使用する場合には、この権利を必要とすることが多い為、大量に専用回線を引き込まなければならない場合などは、権利者から借用をして利用することも多くなっています。

電話加入権はインターネットが普及するまでの間は電話を設置するために必要なものと考えられてきましたが、現在では多くの人がインターネット電話を利用する時代となったため、必ずしも電話加入権を持っていなくても固定電話を設置することが出来るようになりました。そのため現在の電話加入権はNTTから専用回線を引き込む際に必要な権利として位置づけられています。

近年ではインターネット回線を利用して様々な通信を行うことが非常に普及しており、従来懸念されていたセキュリティの問題や通信制の問題も技術の進歩により、インターネット回線で実現が可能となっていますが、それでも様々な問題を抱えている面は少なくありません。さらにインターネット回線の場合には、あくまでも共用回線となっているため様々な要因によりその通信制が悪化してしまうことも懸念されることから、重要な通信を行う回線は専用回線を使用する場合があり、この際に電話加入権が利用されています。

関連記事

  1. UIMカード

  2. XGP

  3. ONU

  4. ガラホ

  5. 多重化

  6. VoLTE(Voice over LTE)

>