ひかり電話オフィスタイプについて

ひかり電話オフィスタイプは、個人用と法人用のひかり電話の内、後者向けのサービスのことを指していいます。ひかり電話オフィスタイプの概要としては、フレッツ光ネクストを利用した事業者向けのIP電話で、通信コストの削減や通信システムの効率化に期待できます。通信回線の設備の都合上、フレッツ光ネクストを契約する必要がありますから、導入を検討する際にはその点に注意が必要です。
また、フレッツ光ライトやフレッツ光ライトプラスでは利用できないので、それらも含めて検討に入ることが大切です。

ひかり電話オフィスタイプの料金は、月額基本料が1300円からと手頃な上に、3チャネル使える1番号が付いてくるのでお得です。従来の加入電話との比較では、約3千円のコスト削減が実現しますから、この低価格化がオフィスタイプのメリットの一つだといえます。
内訳は、従来のフレッツ光やADSLの利用料金が約3千円で、事務用の加入電話は約7千円となっています。

一方のひかり電話オフィスタイプは、約5千円のフレッツ光ネクストに、機器利用料の1千円と該当サービス料金の約1300円で済みます。これは3チャネル3番号という、同等の条件で比較した場合の結果ですから、どちらの利用がお得になるかは明白です。
しかも、通話料金までお得になるので、乗り換えを検討したり加入を決めても損はないでしょう。ひかり電話オフィスタイプなら、これまで3分8円以上掛かっていた通話料金も、3分20円から40円発生していた同一県内市外通話も全て、全国一律3分8円です。加えてひかり電話であれば、グループ通話がお得になるオフィスタイプのメリットも発揮されます。

グループ通話とは、文字通り複数の電話回線を結ぶ通話サービスのことで、同時に通話が行えるのが特徴です。通話したい数に応じて、チャネルを契約する必要がありますが、ひかり電話オフィスタイプなら1チャネルあたり月額400円で使えます。
オフィスタイプのメリットは他にも、最大8チャネル32番号まで使えたり、1番号の追加料金が100円で済むのが見逃せないポイントです。ナンバーディスプレイに至っては、1契約で全てのチャネルが利用可能ですから、月額1200円を追加するだけで利便性が大幅に向上します。

現在利用している番号はそのままに、加入電話相当の品質を持った音声通話が、低額な料金で実現しているのが魅力的です。代表電話の設定であったり、ダイヤルイン機能も使うことができるので、従来の加入電話からも無理なく乗り換えられます。
110番や119番への通話制限はありませんから、ごく普通の電話のつもりで利用できるようになっています。勿論、フレッツ光ネクストがサービスのベースなので、高速なインターネットを活用することもできます。
VPNとの同時利用も行えますから、料金に対して柔軟性が高く、多様な使い方ができるといえるでしょう。

フレッツ光ネクストにはひかり電話に加えてテレビ電話と高音質通話や、市外局番から始まる番号で使える、高画質通信のデータコネクトも基本サービスに含まれます。安価で高画質なFAX通信が行えますし、セキュリティが強固なファイル共有も実現するので、コストを抑えつつ使い道の幅が広がります。

これだけでも魅力的なひかり電話オフィスタイプのメリットですが、同サービスにはひかり電話オフィスエースも控えています。ひかり電話オフィスエースとは、事業所間の大規模通話を実現する、企業向けの上位サービスのことです。
1回線で何と100チャネルまで使えます。番号は7000番号まで利用することが可能になっています。更に事業所間の通話料金が無料になりますから、これがひかり電話オフィスエースの目玉となっています。
グループ登録の設定が必要、という前提条件はありますが、それでも通話料のコストを大幅に削減できる点は大きいです。他のサービスではオプションとして用意されているものも、ひかり電話オフィスエースでは基本機能で提供されます。
基本料金は税抜1100円からと、通常のひかり電話オフィスタイプよりも更に低額ですが、従来の加入電話よりもお得になるのは共通点です。ボイスワープやナンバーディスプレイは基本機能ですし、ISDN相当の音声品質が保証されるので安心です。当然ですが、110番も119番にも問題なく電話が掛けられますから、万が一の緊急事態にも備えられるでしょう。
迷惑電話お断りという、迷惑電話に悩まされている人に嬉しいサービスもあるので、電話の利用がより快適になります。

ひかり電話に共通する形で、テレビ電話も難なく普通に活用できますし、小容量データ通信が行えるデータコネクトも使えるので便利です。
ひかり電話オフィスタイプや、ひかり電話オフィスエースは、安定した高速通信回線を利用していますから、膨大な通話が同時に発生しても大丈夫です。
NTT譲りの高品質通話が低コストで手に入るので、ひかり電話オフィスタイプを始め、ひかり電話オフィスエースには検討の余地があります。

関連記事

  1. CDN

  2. MDF

  3. RSS

  4. 5G

  5. VoLTE(Voice over LTE)

  6. BASIC認証の概要

>