Wi−Fi

Wi−Fiは現在主流の無線通信の規格です。スマートフォンやタブレットには必ず搭載されているのが特徴です。ノートパソコンにも搭載されている事が標準仕様の無線通信の規格となりました。メリットは、手軽にインターネットが使える点です。

それまでの有線LANでのネット利用は、やや不便さが目立ちました。物理的にケーブルをパソコン等に接続しなければ使用できませんでした。デスクトップパソコン向けの方法であり、そもそも、有線LANのケーブルが接続できないタブレットやスマートフォンや薄型ノートは、利用できません。それらの端末では、キャリアの電波を使い、ネット通信をするのが普通でした。回線の速度は不安定で、なおかつ通信費が高いのがキャリア電波のデメリットです。

対してWi−Fiは通信の速度が極めて安定しており、プロバイダ契約をしたり、フリースポットで使えば通信費か格安または無料となります。特に近年では街中にフリースポットが続々と現れました。スマートフォンやタブレットをそのままの状態で使い続けると通信費が増えますが、無償Wi−Fiの方に切り替える事で、その間のコストは全てゼロに出来ます。

コンビニエンスストアやファストフード店の店内では無償で接続が出来るスポットがあり、既に大勢の方々が愛用なさっています。大手企業が経営するショッピングモールや空港のラウンジ、一部の高速バスや飛行機にも搭載されており、外出先でもお得にインターネットが使用可能です。大容量のファイルをダウンロードしたり、大容量の動画をアップロードする時は、無料Wi−Fiで通信すれば、月々の料金が大幅に安くなるでしょう。

最新の規格のWi−Fiは障害物や距離に強いです。それまでの無線通信の弱点だった、電波のスポットから離れると通信の質が極端に落ちる、といった欠点が解消されています。家庭用のモバイルルーターでも、扉や壁に邪魔される事なく、一般的な広さの家なら、どこでも安心安全なネット利用が可能です。

関連記事

  1. NTT法

  2. ADSL

  3. HTMLメール

  4. 特定電子メール法

  5. BRI

  6. 帯域保証

>