HTTPS

インターネットを利用する際には、ブラウザからホームページにアクセスをするのが一般的ですが、その際、アクセスバーには、そのウェブサイトのURLが表示されます。普段はあまり意識して見ることが少ないそのURLですが、実は冒頭がhttpからのものと、httpsから始まるもののふたつがあります。

HTTPSと言うのは、このURLの先頭に来ることがある文字のことで、これは、HTTPよりも安全に通信を行うためのプロトコルであることを表しています。プロトコルとは、コンピューター同士がネットワーク上で通信する際に取り決めておく約束事ですから、HTTPSはHTTPよりも安全性が高い通信を行うための約束事と理解ができます。

HTTPSでも基本となっているのは、HTTPなのですが、ここではそこにデータの暗号化する機能が備わっています。つまり、やり取りするデータが暗号化されている訳ですから、そうされていないHTTPよりも安全性が高い、セキュリティが高いことが期待できると言えます。
そしてウェブサイトにアクセスした際、アクセスバーにhttpsが冒頭に来るURLが表示されたサイトは、このHTTPSが適用されています。よってhttpからのURLのサイトよりも、データやり取りの際に第三者によってその内容を傍受されたりするリスクが低いと考えられます。

どのようなサイトがhttpsから始まっているのは、たとえばショッピングサイトなどにおいては、個人情報やクレジットカードなどの番号を入力する画面に移行すると、httpsからのURLになることが多いです。ただしひとつ気を付けたいのは、HTTPSによるセキュリティ、データ暗号化が適用されるのはあくまでもデータをやり取りしている間だけです。つまりそのデータを管理しているサーバーからの情報漏洩やサイト運営元の不注意によるセキュリティミスなどには対応していないので、その点は留意しておきたいです。

関連記事

  1. アップリンク

  2. VoLTE(Voice over LTE)

  3. ジオタグ

  4. 電波法

  5. W-CDMA

  6. NTT法

>