ジオタグ

You are here:
< Back

ジオタグは、ジオ(位置情報)のタグを表す用語です。主に写真画像に付与される情報であり、緯度と経度の数値情報を含めたものになります。
そのようなタグをもつ写真データはGPSを使うことによって簡単に作成できます。例えばお手元のスマートフォンや、GPSを内蔵したデジタルカメラを使って写真を撮影すると、自動的にジオタグが付加されます。もしお手元のカメラがGPSに対応していなくても、専用のアプリケーションを用いて位置情報のタグを付与あるいは削除することができます。あるいはGPSレシーバーで記録した情報と、写真の撮影日時をもとに照合を行えば、GPSで取得した位置情報を写真に付与することが可能です。
そのようにして取得した写真のジオタグを確認するには、Windows エクスプローラから写真画像のプロパティを閲覧することでも行うことができます。

ジオタグを持つ写真を利用した身近な例は、Twitterなどのソーシャルメディアでの利用があります。そのような位置に関するタグをもつ画像をソーシャルメディアに投稿すると、その位置も合わせて表示されます。また、地図サービスの中には写真を取り込む機能を有するものがあります。そのようなシステムに位置情報のタグを持つ写真を取り込むと、その位置にマーカー(点)が表示され、それをクリックするとポップアップ(吹き出し)で写真のイメージや撮影日時の情報が表示されるなどします。そのような技術により、「場所」を基準に写真を整理・公開することが可能となりました。

そのように便利な反面、ジオタグは危険性も含んでいます。スマートフォンで撮影された写真にジオタグが自動的に組み込まれることに気付かないまま、写真をインターネット上で公開する人は少なくありません。位置情報は重要な個人情報ですので、それをもとに現在地や居住地がばれてしまい、犯罪に巻き込まれるリスクがあります。したがって、写真の用途によっては、ジオタグを削除してから公開・提供するのがよいでしょう。

>