ハンズフリー

You are here:
< Back

ハンズフリーは手が塞がっていないことを意味する英語で、日本でも同様の意味で使用されています。
特に携帯電話関連で使用されている言葉で、手に持たずに済むというメリットを表します。
設定を行うだけで、手に持たなくても使えるのは利点ですから、商品の優位性を表現したい場合にこの言葉が使われます。

ハンズフリーを実現しているのは、有線式や無線通信が行えるBluetooth対応のヘッドセットなどです。
携帯電話本体のみで、ハンズフリーを実現している端末もありますが、通話のしやすさを考慮するとイヤホンやマイクを使うのが現実的です。
ヘッドセットはイヤホンとマイクが一体化しているのが特徴で、片耳にセットするだけでハンズフリーを実現するところが魅力的です。
通話を行う反対側の耳は塞がっていませんし、周囲の音が常に聞こえる状態ですから、仮に車の中で使用しても道路交通法違反にはならないです。
気になるのは運転中のハンズフリー通話ですが、現行の道路交通法では違反ではないとされています。

つまり、Bluetoothなどで使用することができて、片側の耳を塞がないヘッドセットを使うのであれば、合法的にハンズフリー通話ができるわけです。
ただし、ハンズフリーが道路交通法違反ではないとしても、危険運転を行えば罪に問われますから、ルールを守り注意して通話を行うことが大切です。

ヘッドセットを選ぶ場合は、音量を上げなくても聞き取りやすいイヤホンと、周囲の雑音を拾わないマイクが一体化している商品が狙い目です。
音量を上げると周りの音が聞こえにくくなりますし、大声で話すとなれば、自身の声で同様に周りの音が遮られてしまいます。
これでは運転のリスクが向上してしまうので、なるべく高品質で少音量でも使いやすい商品がベストです。

また、有線だと不意に運転中にケーブルが絡まる恐れがありますから、無線でケーブルから開放される、Bluetoothを選ぶのが良いでしょう。
Bluetoothは携帯電話とペアリングを済ませるだけで使えますし、簡単に装着して通話が楽しめるので、運転中のハンズフリーを快適にしてくれます。
運転中に携帯電話を使用するとなると、道路交通法は気になるものですが、ハンズフリーであれば一挙に疑問や不安が解消します。
安全性を重視するなら、車を停車してから会話を始めるのが良いですが、急な着信で電話を後回しにできないケースもあります。
そういった時にこそハンズフリーは真価を発揮するので、Bluetoothのヘッドセットを用意しておくと便利です。

>