転送方法

You are here:
< Back

ボイスワープは、不在時の着信を設定した端末に転送する、NTTが提供しているサービスの一つです。利用には申し込みが必要で、各種電話サービス向けに提供されているので、利用中のサービスに合わせて加入する必要があります。ひかり電話の音声品質は加入電話並ですし、付加サービスも充実しているので、他の方式から乗り換えを検討することもできるでしょう。

ひかり電話のボイスワープは、無条件や無応答時に話中時の転送も設定できるようになっています。応答後の転送は使えませんが、詳細な指定は可能ですから、加入電話ボイスワープやINSボイスワープと比べても、ひかり電話は遜色がない印象です。
これらの情報はwebで提供されていて、検討時に目を通して確認したり、問い合わせ先をチェックしてフリーダイヤルの電話でも尋ねられます。既に加入を済ませている場合は、設定を行って利用を始めることがポイントとなります。

ボイスワープの設定は、受話器を持ち上げ142をダイヤルするのが基本で、自動音声ガイダンスに従い設定を進める形です。設定方法は142を開始地点として、次のダイヤルを行う度に設定する機能が変化します。
例えば、142の次に2を経て対象の電話番号の入力を行うと、転送先の設定が完了するという具合です。これは転送先リストの0番に登録する場合の操作なので、リストを変更する際はまた違ってきます。
リストを1から4の間で変えたい時は、142に次いで4のダイヤルを行い、次に0をダイヤルして1から4のいずれかを選ぶ流れです。後は通常時と同じく転送先電話番号を入れることで、ひかり電話のボイスワープの基本的な設定が完了します。

同機能を有効化する場合は142と1、逆に停止したい時は0をダイヤルします。複数の転送先が登録してあるケースでは、同様の設定方法で何時でも切り替えることが可能です。
142に4と1で転送先の指定に入り、リストの0から4を選んで最後に9のダイヤルで決定します。これでひかり電話のボイスワープにおける、どの登録電話番号に転送するかといった設定が済むわけです。

一方、ボイスワープではアナウンス機能を使うことも可能で、142の後に4をダイヤルしてから、それに続く番号で機能が変更できます。電話を掛けてきた相手に対し、転送中のアナウンスを行いたい場合は、2の後に1から3のどれかを選択して、9のダイヤルで設定を終えます。反対にこの機能を使いたくない時は、2に続いて0と9をダイヤルすると無効にできます。
有効と無効を問わずに、どちらの機能も利用する際も、142と4の後に番号を選ぶのが共通のポイントです。転送先に対しどの電話番号からかアナウンスしたいなら、同じ番号の入力で機能の設定に入れるようになっています。具体的には142に続き4と、もう一度4を入れて1、9と辿ると機能が有効になります。最後の1と9を0と9に置き換えて入力を行えば、機能を簡単に無効化できます。

応答後の呼び出し回数指定は142から3で、最後に0だと無条件転送、1から9のいずれかなら無応答時の転送が機能します。応答後転送の設定方法は4で項目に入り5、そして1と9に続きます。
こちらも最後を0と9に置き換えることで、設定をなしに指定が可能となります。転送先リストの登録内容を確認するには142から8と0、転送先トーキの指定状況確認は8と1です。
8から2に続くとリモートコントロール指定状況の確認で、最後が3なら転送先案内の指定状況確認に進みます。8と4では応答後の転送指定状況確認ですから、ひかり電話のボイスワープは、確認機能も充実しているといえるでしょう。

従来の設定は電話に限られていましたが、現在は一部の利用者を対象にwebでの設定方法も提供しています。フレッツ光ネクストに加入している全ての人と、Aパターンに該当するフレッツ光のひかり電話利用者が対象です。
webでの設定方法に必要なのは、該当するインターネット環境の接続と、対応しているインターネット端末の使用です。スマートフォンやパソコンであれば、ひかり電話設定サイトにアクセスしてログインを済ませ、ひかり電話のボイスワープと同様のやり方で設定が行えます。一見すると分かりにくい専用のサイトですが、ログインさえできれば何時でも利用可能なので、電話だと面倒な各種の設定が簡単に完了できます。
ログインには電話番号とパスワードが必要ですから、特にパスワードは忘れないように気を付けることが大切です。パスワードを忘れたり、何度も間違えて入力した場合は、セキュリティを保護する為に無効化されます。
無効になった時は再発行が不可欠なので、webの表示に従って手続きを行い、有効な新しいパスワードを発行してもらいます。webでの設定方法は視覚的ですし、ひかり電話のボイスワープの機能や設定方法を理解していれば、使いこなせるかと思います。

>