ADSL

You are here:
< Back

ADSLとは、Asymmetric Digital Subscriber Line「非対称デジタル加入者回線」の頭文字を取った略語です。
電話の音声伝送に利用しない高い周波数帯を使用しています。現在は光回線が主流ですが、以前は基準を満たしていれば高速で安定した通信ができる回線として普及していました。
一般的な電話回線が利用されていて、回線が通じていれば専用のモデムを設置し、正しい設定をすれば通信が利用できます。元は固定電話回線を持っていなければ利用できませんでしたが、後に電話加入権を所持していなくても利用できるサービスが提供されるようになり利用者が増えました。

ADSLは、外的要因で通信の速度や安定性がかなり左右されます。電話回線や空気中のノイズなどが影響したり、電話回線の基地局との距離が遠ざかれば、それだけ通信速度が遅くなります。基地局との距離が6から7キロ以上離れると品質や速度の低下が発生するといわれています。
どの回線にも言えますが、ADSLにもメリット・デメリットがあります。メリットは光回線に比べ安価なことです。導入時の初期費用も安く済むケースが多く、月額料金も低価格なものがほとんどであるため、全体的に低いコストで回線を所持できます。また電話回線を利用するケースが多いため、全国的に広範囲で利用することができ、光回線が対応していない場所でも利用できる可能性が大きくなります。開通までに時間があまりかからず工事も立会いが必要ありません。

デメリットは、やはり通信速度が安定しないことです。動画やゲームなどのコンテンツを主に楽しみたいという人は、動作が重たくなることがあるため向いていません。モデムの設置場所などによっても通信の安定性は左右されてしまいますので、説明をしっかりと読みモデムを設置する必要があります。
ADSLは、普段の使用はウェブの閲覧やメール等の動作の軽くて済むものばかりで、あまり動画やゲームを利用しない、光回線に対応していないエリアに居住している人や、できるだけ安い費用で回線を持ちたいという人に向いている回線と言えます。

>