G-PON方式

You are here:
< Back

G-PON方式とは、FTTHの中の一つの方式であり、FTTHとは光回線を自宅へ引くことができるラストワンマイル回線のことです。ADSL回線を使った回線が電話線の空き周波数帯を使って高速通信を実現していましたが、ADSLの終端局と自宅が離れているとノイズの影響が増えて高速通信ができないという欠点があり、契約ができないお客様がいた背景から改善するために開発された回線です。

光回線は通常FTTHの終端のOLTから光カプラという分岐点を経由して32分岐して、各分岐先ONUという自宅側の終端まで回線が繋がれ、そこから自宅のルータに接続します。
GE -PON方式の場合であれば、このOLTからONUまでの区間はイーサネットフレームでやり取りされますので、LANとの相性がとても良いという特徴があります。
G-PON方式の場合は、イーサネットフレームではないWAN用フレームでやり取りするという違いがあり、LANではなく、WANとの相性が良いです。

どちらもOLTからONUまでは時分割多重で動作して、光カプラの分岐点でフレームがコピーされ、ONUへ到達します。ONUからOLTへは、光カプラ以降でデータが衝突しないように、両者の終端が同期をとって衝突を回避しながらデータを送るのが技術的に高度な特徴でです。

分岐点では32分割されるため、全てを同時に利用すると1Gbps ➗32で約30Mbpsしか速度が出ませんが1台で使用できれば1Gbpsで通信ができます。
最近では母数となる1Gbpsがより早いものが登場していることから、これ以上の速度が期待できると考えて良いでしょう。
自宅のルータが無線LANルータの場合、無線LANの親機や子機のスループットによってインターネットへのアクセス速度が頭打ちになってしまう可能性がありますので、G-PONの速度だけではなく無線LANの速度もあわせて確認しましょう。

>