GPS

You are here:
< Back

近年は位置情報を効果的に利用した仕組みが非常に普及しています。カーナビゲーションは古くからその利用が始まっており、近年ではその声でも非常に高まっていますが、その他にも携帯電話やスマートフォンに利用することで所有者の位置を特定することができるほか、子供の安全確保のためにも大きな貢献をするものとなっています。この技術を支えているのがGPSです。

GPSは衛星が発信する電波を受信することで現在の位置を特定し自らのシステムに反映することで自分自身の位置を知ることができる仕組みとなっており、近年では衛生の精度が高まっていることからその精度が非常に高まっています。
数メートルの範囲で位置を特定することができる技術も開発されているため、旧型のカーナビゲーションでは大きく位置が異なってしまうことも多かったのですが現在ではその位置はほとんど狂うことがなく、非常に詳細な情報を表示することができるようになっているのが特徴です。

そのため、これまで位置情報を特定することに使用されていたGPSの技術は様々な方面に応用され始めています。その中でも特に顕著になっているのが測定に関するものです。
これまで地図を作る場合にはレーザーによる航空機からの測定や実際に地表を様々な手法で測定しその結果を総合して地形を判断するものとなっていましたが、GPSの技術が進化したことから実際に自動車で地上の道路を測定しながら撮影した映像とGPSの情報連動し自動的に地形の測定を行う仕組みも開発されています。

これにより従来に比べより正確な地形図を測定することが可能となり、特に道路地図等においては実際の道路の状況や様々な目標物などを同時に測定することができるため非常に効果的な地図を作ることができるようになっているのが特徴です。
GPSの技術は今後も進化し続けており、より詳細な位置情報を把握することができるようになることが期待されているほか、応用分野についてもさらに広がっていくことが予想される技術となっています。

>