HTMLメール

You are here:
< Back

HTMLメールは、所謂webメールの事です。
電子メールは当初は、インターネット上のパソコン間でメール交換ができるように作成されましたが、メールはパソコンから送信されると、最寄りのSMTPサーバーという郵便ポスト相当に届きます。メールには宛先アドレスが書かれているので、その後、宛先アドレスの最寄りのSMTPサーバーまで送られ、最後にそこから、宛先アドレスの郵便受けとなるpopサーバーやimapサーバーに届きます。相手先のパソコンで宛先アドレスの所有者がメールを開くと届いたメールが見れます。

昔はこのような感じでメールが使われていましたが、パソコンが必要だったり、メールを見るためのアプリとしてメーラーが必要でしたので、今一歩でした。
これまでは、メーラーとpopサーバーやimapサーバーの間はpopやimapという規約で通信していたため、メーラーはこれらの規約に対応しているアプリが必要だったのです。

しかし、その後少し時間経過し、この部分がHTML規約でも通信できるように進化しました。そうすると、今までのpopサーバーやimapサーバーはHTMLメールサーバーとなり、アプリとして存在したメーラーはHTML化したため、アプリが不要となったのです。
pop規約の場合、一度メーラーがメールを取り込んでしまうと、popサーバーからメールが消えてしまいます。

また、imap規約では、imapサーバーからメールが消える事がありません。この違いは一見してたいした事がなさそうですが、その後のHTMLメールサーバー化に思わぬところで拍車をかけたのです。一度メーラーでメールを読んでもメールサーバー上に原本が残るということは、再度別の端末からも同じメールが読めるため、今日のモバイル最優先時代に完全にニーズが一致したのです。パソコン、スマートフォン、タブレットと一人他機種の時代では、いつでもどこでも同じ行為ができる事が大事です。

>