MNP

You are here:
< Back

携帯電話を契約するとき、新規で契約すると電話番号が割り振られます。便利に使用するためにその電話番号を覚えるなどして、長く使用することが多いです。
長く使えば使うほど、契約の際などにその番号を使用することが多くなるため、広範囲に使われることとなります。その際に気をつけなければいけないことが、使用している携帯電話を解約した等の理由で再度新規契約した際です。
番号の変更があれば銀行やクレジットカードなど、登録したことがある場所に連絡をして訂正する必要があります。これは長く使っているほど様々なところに登録されている可能性が大きく、とても面倒な作業です。そのようなときに携帯電話会社などを変えるときに番号を変えずに使用し続けるとき、利用したいものがMNPという制度になります。

MNPとはモバイルナンバーポータビリティというものであり、携帯電話会社を変更したとしても電話番号はそのままで新しい携帯電話会社のサービスを利用できるものです。多くの場合は大手キャリアから大手キャリアに乗りかえるときに使用していますが、これはMVNOに乗りかえるときでも利用できるものです。そのため基本的にはどのMVNOからでも、MNPできるので気軽に利用しましょう。
MNPする際には手順や注意しなければいけないことがあるので、その点も把握しておくことが重要です。まずポートアウトする際には、転出元の携帯電話会社でMNPの予約番号を取得する必要があります。
この手続きをする際には、該当する窓口やwebサイトまたは店頭にて行うことが可能です。予約番号の発行には手数料がかかり、2000円から3000円ほどになることが多いです。この予約番号がなければ手続きすることができないので、必ず取得しておかなればいけません。携帯電話会社を変える際には、何をしなければいけないのかそれをリストアップしておくことが大切です。

大手キャリアで契約している場合、多くが二年契約を結んでいます。そのため契約のタイミングがずれてしまうと、違約金が請求されてしまい注意が必要です。
違約金を請求されないためにも、更新月がいつなのか計算して行うことが無駄な出費を減らすことに繋がります。すぐにでも変更したい場合は仕方ないですが、急いでいない場合は更新月を確認して無理のない範囲ならそこまで待つ方が経済的です。
そしてポートインする際は、店舗に行って行う方法とWEBから行う方法が一般的です。近くに店舗がない場合にはWEBから行う方が簡単なので、どちらが自分に合っているのか確認してから行いましょう。ポートインする際には乗り換えとなり新規契約とほぼ同じなので、契約手数料が3000円ほどかかるのでその点に注意が必要です。

またMVNOに転入する際には、少し面倒なことがあるのでそれを把握しておくことが大切です。それは契約時にMNP情報を入力しなければいけないことで予約番号や有効期限、利用予定の電話番号などになります。そしてSIMカードが来たら自分で回線切り替えを行わなければいけないため、わかっていないと不便なことが多いです。
マイページにログインしてそこから切り替えをする必要があるので、このようなことが苦手な人は注意が必要です。自分でできないときはサポートなどに問い合わせて、手順を教えてもらうことが必要になります。このようにキャリアとMVNOでは手間が違ってくるので、慣れないと大変なこともおおいです。
しかし電話番号を変えずに携帯電話会社を利用できるので、モバイルナンバーポータビリティは便利に利用することができます。どうしていいかわからないことがあれば、しっかりと問い合せを行い理解できるようになることが重要です。

Tags:
>