VoIP

You are here:
< Back

VoIPは、音声をIPネットワークで流すためのプロトコルです。
音声をインターネットへ流したい場合、VoIPアダプターを経由させることで、デジタルデータに変換します。逆にインターネットを流れてきたデータをこのアダプターで音声に変換して、聞きます。

インターネット電話は、この仕組みを使って掛ける側と掛けられる側のそれぞれに、VoIPアダプターを接続することで無料の通話を実現します。このアダプターは変換をするだけではなく、音声特有のゆらぎをなくす調整も行っていて、相手がきちんと音を認識して話がわかるように細かな機構が動作しています。
音声はデータと違い、タイムアウトをして再送してデータを全てきちんと届ければ良いというものではなく、少しくらいデータが消えてもタイミングよく届けるほうが重要ですので、アダプターはこういう工夫をしている機器と言えます。

IPネットワーク上であれば音声を流せますので、企業等のネットワークや個人で構築したものでも問題ありません。今は、支店等へ会議出張することも以前より減ったのではないでしょうか。電話会議システムが普及したため、企業ネットワークを利用すれば、これまでの出張費が浮きます。
NTT等では、独自ネットワークを使った高品質なIP電話システムをサービス化しています。お客様の建物からラストワンマイルの光回線を経由して、NTTのIP電話システムに接続すると、その先が独自ネットワークへ分岐して、インターネットとは違う遅延やゆらぎの起こらないものを実現しました。このネットワークは少し前にNTT の構想にあったNGNの技術を駆使して作ったものなので道路で言う高速道路の感覚でデータ通信がなされることになります。

このようにVoIPは、世界中で必須のものとなり、今後はいろんな所で自然と組込まれていることでしょう。iot 時代ではあらゆる物がネットワークと一体となって協調し合うことが重要です。

>