おサイフケータイ

You are here:
< Back

おサイフケータイとは1988年からソニーが研究開発をして作り上げた非接触型のICカードです。
FeliCaを携帯電話に内臓することで電子マネーやクレジットカード、定期券や会員証電子クーポン
などが利用できるサービスです。

2004年7月にNTTドコモがサービスの提供を開始してからauやsoftobankも同様にサービスを
開始し、NTTドコモが商標を登録しておサイフケータイの名称で提供されるようになっています。
現在では他の事業者でのサービスとしても使われています。

携帯電話にサービスを受けることができるように専用のアプリをダウンロードして設定をすることで
システムを起動させることにより、お財布にしまってあるカードや定期券を出す手間が省け、携帯電話で
すべてまかなえます。例をあげると店舗や自動販売機での購入時の支払いを行ったり、電車に乗るとに
き改札口に設置されているリーダー/ライターに携帯電話の画面をかざすだけで乗車賃の支払いが
できたり、わざわざ会員証を出してかざさなくても認証ができるようなシステムになっています。

また会員証の提示でもたくさんの会員になって会員証がたまりすぎたということがあっても整理し、
すぐに提示することができますし、また使った履歴も記録しておくことができます。
また金額もどのくらい残っているのか残額をすぐに確認することができますし、足りなければ携帯の機能で
すぐに電子マネーとしてチャージすることができます。また携帯電話を機種変更した場合でも機種変更をする
前に内容を確認してサービス事業者のサーバーにその時までのデーターを一時的に預けて新しい機種の
携帯で受け取るようにすれば、そのまま継続して使用することが可能です。

一般消費者向けのサービス以外にも、企業や法人向けで社員証の提示ができるようなシステムや、
マンションの鍵の開け閉めや、オフィスの入退室管理の認証サービスも提供されています。

>