テレワーク

You are here:
< Back

テレワークとは情報通信技術を活用して、時間や場所にとらわれない、より柔軟な働き方のことを意味します。
例えば、在宅で勤務したり、カフェや新幹線の中などスキマ時間に働いたり、また地方で親の介護をしながら時間を見つけて働いたりなど、社員の都合に合わせた柔軟な働き方を実現することができます。
情報技術の発展により、チャットツールや携帯電話、Webオンライン会議などのコミュニケーションツールを活用することで、会社に出社しなくとも協業できるようになりました。

また、VPNなどの技術を用いることで、リモートから会社のLANに接続できるようになったため、会社内のシステムが外からでも利用できます。
そのため、インターネットが接続できる環境で、パソコンやモバイル端末、また携帯電話などのツールさえあれば、いつでもどこでも働くことができるようになりました。
このような柔軟な働き方ができれば、家族に子どもや介護が必要な人がいるなど、会社でフルタイムで働くことが難しい人にも仕事をするチャンスがあります。
また、在宅などを活用することで出勤時間の短縮や、家事との両立も可能になり、自分が働きやすい方法で柔軟に働けることで、ワークライフバランスが取りやすくなり、より生産性のある仕事ができるようになります。

社員がテレワークをできるかどうかは、会社がテレワーク制度を導入するかどうかにかかってきます。
テレワークは労働人口の減少の問題解決として、一度仕事を離れてしまった主婦層を社員として雇用することもできます。
また、都心の満員電車のような交通事情の問題など、様々な社会問題のソリューションの一つとして注目されています。
柔軟な働き方ができることで、副業など別の分野のスキルを高めて、自身のキャリアを広げることもできるなど色々な可能性も広がるので、働き方改革の一旦として政府もテレワークを促進しており、助成金も受けられます。
テレワークの導入は、従業員満足度の向上や、各社員の生産性の向上にもつながっていくと思われます。

>