NTT加入権

携帯電話ではなく、各ご家庭や会社内などで固定電話を設置することを必要としている場合では、これまではNTTが販売をしてきた電話加入権を購入する必要がありました。
比較的若い世代の方のケースでは、聞き慣れない言葉になりますが、実際に人によってはNTTの電話加入権とは!?という謎になっていることも多いのではないでしょうか。この電話加入権はNTTになる以前の電電公社の時代から使われてきたもので、施設負担設置金とも呼ばれてきました。

この言葉で分かるように、古い時代では電柱や電線が広範囲に普及していなかった為に、固定電話の利用者を募ると同時に施設を充実させることを目的に回収してきたものです。
決して安いものではなく、これまで何度も電話加入権の金額に変動がありましたが、1985年以降を例にすると72,000円の支払いが必要とされていました。一括で支払う方もいれば、ローンで権利を購入する方も多く存在していて、高額な加入権としても知られていました。

当時はこの権利を売買できるお店なども展開されていたことも事実になり、不要になった加入権は他社に売却することができました。しかし、時代の流れと共にその必要性が問われるようになり、2005年には半額の36,000円に減額されました。さらに、現在では電話加入権そのものの制度が無くなっており、初めて固定電話を設置するような方でも電話加入権無しに利用することができるようになりました。その結果として以前は価値があった電話加入権ですが、現在では資産価値についてはゼロといっても過言ではなく、実際に買取りをしている業者も無くなっています。

NTTで初めて電話を利用する方は、ライトプランというものを使う方法が用意されています。そのままNTTの電話回線を利用する方であれば、無料で加入できるお得なプランとして挙げることができます。現在では電話会社が増えていることになり、ひかり電話なども非常に有名です。
ライトプランを使っている方が、後に会社変更する際には、電話番号を引き継ぐことができないケースが多く、そのまま使うのであれば月額費用が掛かります。人によっては一度固定電話を設置しても、使う機会が無くなってしまい利用休止を検討される方が存在していることも事実でしょう。

利用休止についてはNTT側で電話加入権を維持してもらうことができ、その際には月額費用は一切掛かりません。ただし、10年間の保管で5年ごとの更新が必要としているので、この点には注意したい内容です。不安に感じてしまう方でも期限が来るタイミングでNTT側から通知が送られてくるので、忘れずにチェックすることも必要です。
この内容については実際にはNTT側と話し合いを行う方法で、永久的に利用休止させることも不可能ではないので、気になる方は情報を集めてみると便利です。一時中断を行う方も存在しています。一時的に電話を使えない状態にする方法ですが、NTTに伝えると簡単に希望通りに休止してもらえます。

利用休止で注意したいことがあり、一定の月額費用が掛かってしまうので、長期間に亘って使わない場合では、支払額をチェックする必要があります。完全に解約を行うこともできます。この内容はNTTの窓口にて手続きを行う方法が一般的で、契約を解除することになるので、所定の書面を交わすことが必要とされています。番号ポータビリティ制度も設けています。他社の電話へ切り替えをする際には、これまで使ってきた電話番号をそのまま利用できるようにする内容です。この作業については新規に加入する電話会社側で全ての対応を行ってもらえることが原則になるので、利用者は大きな負担を強いられることなく番号ポータビリティを利用できます。

携帯電話やパソコン普及してから、現在では電話でも様々なプランの選択肢を見つけることができます。特に固定電話でアナログ回線を使っている場合では、ひかり回線に変更することを必要になる場面も多く、このタイミングで電話会社を変えるということも珍しいことではありません。以前はNTTに限定されてきた固定電話ですが、昨今では選択肢が多く用意されているので、利用者にとって最適に感じるプランを提示する会社を見つけ出すことが最も良い方法です。新規に入る会社であっても、以前のように電話加入権を必要としないことも基本なので、安くて便利、快適な回線に施すことは十分に可能でしょう。

このように新時代に入っている環境なので古い時代よりも金銭的な部分でもメリットを感じることができますが、既に電話加入権を持っている方は、資産価値が無くなっているとはいえ、NTTの電話番号をいつまでも使い続けることを可能にしているというメリットはあるので、そのまま所有を継続することも間違いではありません。解約をしてもお金が返金されることが無いシステムなので尚更です。新しい電話会社では独自のサービスを展開していて、特にネット回線やスマートフォン等を組み合わせると、かなりお得に利用できることも多く、数々のメリットを感じられるのではないでしょうか。

関連記事

  1. IP-VPN

  2. Apple Car

  3. 技術基準適合認定

  4. 着信転送

  5. キャリアメール

  6. 多重化

>